ボイトレにおいてよく言われる事の中に、
「力まないで」「力を抜いて」
と言うのがあります。

これは多くの歌手も言っている事であり、
正しい情報でしょう。

ですが、他の情報と同じ様にこれが合わない人、
つまりは「力んだ方が良い人」というのがいます。

というか、歌を練習しようと思った場合、
まずは力んでみた方が良い事が大半でしょう。

確かに最終的にはあまり力まないで、
喉を絞めつけずに軽々と歌える事が理想です。

ですが
「ボイトレをした事が無い」=「喉を意識的に動かした事がない人」
は喉周りの感覚を養う事が全く出来ていません。
その為、喉をリラックスさせようとしても出来ないのです。

例えば、手の指は日常的に使っているしある程度は自由に動かせます。
そして力を入れる事もリラックスさせる事も出来ます。
BlogPaint


ですが、喉を意識的に動かしてと言われても困ってしまう人が多いです。
BlogPaint


そんな状態なのに「力まないで」という指示に従ってしまうと、
喉が変に固まったまま他の場所を頑張って動かす事になり、
良い声は出ません。
日本語はベターっとした発声で喋るのでなおさら日本人は不利です。


これはレッスンの中でもやる事ですが、
喉周りの筋肉をどれだけ自在に動かせるか、
一つ試してみましょう。

まずは、喉仏の位置を確認してください。
女性だと分かりにくい事が多いですが、
まあ私は大体男性向けにボイトレしているので置いておきます。

次に、その喉仏を上に動かしたり、下に動かしたりしてください。
これは手などは使わずに、喉の筋肉だけで動かす事が出来ます。

…出来ましたか?
喉を動かせる事で色々な声が出しやすくなる他、
最終的にはこの動きを発声時には関与させない様にする。
発声の一つの理想形である「力まない」にも近づくでしょう。

まあ出来なくても発声が良い人もいるんですが、
出来た方が色んな種類の声が簡単に出せるので、
出来ない人は練習してください。

最近では誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)をふせぐ為の
嚥下(飲み込む動き)の訓練の情報をよく見ますが、
喉の筋肉を鍛える動きなので参考になります。
 
動画があったので張らせて頂きますが、
この動きが自由に出来て喉の柔軟性が高まる事が、
喋りや歌、発声にも役立つという事です。


ちなみに、
喉仏が上に上がった状態を「ハイラリンクス、ハイラリ」
喉仏が下に下がった状態を「ローラリンクス、ローラリ」
と言います。
(ラリンクス=喉頭。)
ボイトレをしている人の間ではよく使われる用語なので覚えておきましょう。

まあ何でもやる主義の私としては、
「力む発声」と「力まない発声」は常に同時進行で練習してますけれども。