ボイストレーニング界隈では、
  • ボイトレをしても歌が上手くならなかった
  • ボイトレをしてる人よりも何もしてない人の方が歌が上手い
  • ボイストレーナーよりも習いに来た生徒の方が歌が上手かった
なんてのは日常茶飯事です。
悲しい事ですが。

こうなると、「歌は才能」「ボイトレはインチキ」という意見も出るし、
上達をあきらめてしまう人もたくさんいます。

そういう人達に、自称ボイストレーナーの私から言いたいです。

確かにそういう面もあるけど、それじゃあ悔しいよね!って。

安西先生


確かに大体のボイトレは曖昧で、怪しいものです。

だからと言ってはっきりと「こうすれば上手くなる!」
と自信満々に明言している
ボイトレメソッドやボイストレーナーに飛びついたとしても、
変わらない人は変わりません。

でもそれは、そのメソッドやトレーナーが
全部インチキだという訳じゃありません。
たまたま「合わなかった」んです。

現時点では「絶対に上手くなるボイトレ」なんて存在しませんし、
才能がある人は最初っから上手いのは事実。

それでもあまり歌が上手くない人が、
歌が上手くなりたいなら、
自分に合うボイストレーニングや
ボイストレーナーを探すしかありません!



わたしも未だに下手ですが、
昔よりは本当に上達しました。

歌の上手さというのも曖昧ですが、
分かりやすい所では
昔よりもピッチが良くなったし、
昔よりも音域が広がったし、
昔よりもビブラートがかけれたりします。

これは、色々なボイトレを試してきた成果です。

ネットや本で調べると大量に出てくる「ボイトレ情報」そのものは、
「正解」と「不正解」に分ける事はできません。

医学的に正しかったとしても効果が出なかったり、
めちゃくちゃな理論でも効果が出たりします。


なので、
ただ単純にカラオケで歌うとか、
裏声を出すとか、
ミックスボイスだとか、
前回紹介したYUBAメソッドとか、
SLS(Speech level singing)とか、
ベルカントとか、フースラーとか、
筋トレとか、ヨガとか、瞑想とか、
マッサージとか、低周波とか、
なんでも良いのですが、
とにかく色々なボイトレを試すべきです。
もうかたっぱしから。

その中で「これは効果があるかも?」
と思う物が一個でもあったら大きな前進です。
ファイト!